読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mkmkmkmkmk

うぇるかむねこまねき

小~高の時に好きだったキャラ


好きな「嫁」キャラの変遷を辿れば、好みが分かる? - ぐるりみち。
を読んで、当時の好みは割と今に関係してるなと思ったのでざっとメモ

だいたい時系列順

イエロー (ポケスペ)

ポケットモンスターSPECIAL (4) (てんとう虫コミックススペシャル)
自分の読んでいたのは真斗のころのみ。

最初は男だと思ってたけど別に関係なく好きだったし、女って分かっても別に関係なく好きだった。

自分のぼくっ娘属性はイエローから来てるんだろうか。

ブリジットも好きだけど真逆だな。

ポケスペは四天王のキクコあたりが印象に残ってるし凄く好き。

ポケスペは、ゲームだけのポケモンとはまた違うポケモンの世界を感じられて楽しかった。レッドもブルーもみんながキャラ立っていた。近いうちに読み直そう。出来たら買いたい。

このぐらいの時期に読んでたポケモンマンガと言えば、ポケモンカードになったワケも面白かった。姫野かげまるでググったらPaPiPuペットが出てきた。これも読んでたな…。ハムスターマンガだとハムスター倶楽部を思い出す。四コマだとコイルとピカチュウの掛け合いを思い出す。

小学生の時に始まったコンテンツが未だに続いてると考えると凄いな。発売前後の時期、コロコロに150匹(or151匹)の一覧が載ってたときは何だこれと思いながら眺めてた。そして誰が覚えるんだよと思ったもんだが。

実家に帰ったときに自分の机の中見てたら全員サービスのテレカが結構出てきた。懐かしい。この類の全員サービスは今でもやってるんだろうか、と思ったが小学n年生は休刊してた。時間の経過を感じる。
f:id:kirte:20110105013012j:plain

ジュジュ (グルグル)

当時は、ジュジュが「ククリが好きかもしれない」って言ってた意味がよく分からなかった。CCさくら小狼が雪兎好きっぽいのもよく分からなかった。よく分からないけど、可愛ければ性別とかどうでもいいなと思い始めた。まぁ結局小狼はさくらだけど。そしてさくらと知世の組み合わせは良い。

ジュジュは友人としての好きとそれを超えての好きが混ざった上でのようにも感じるが、それが好きなので、または好きになったので何ら問題は無い。

グルグルは痛々しい思い出もあるが黒歴史としとこう。妹には半笑いされた。おかげで致命傷にはならなかった。

ドラクエ四コマはグルグルの後に読み始めたので、そこで衛藤ヒロユキの4コマを読んだときは色々となんかあれだった。

ドラクエ四コマの人たちは懐かしいと思ったら、今も活躍していて驚く。当時好きだった三剣もとかがpixivにいることを最近知った。アイマスアンソロで牧野博幸を見たときは、懐かしいと思うと同時に作風が全く変わっていなくて笑った。2chの大規模な荒らしで山崎渉がいたが、名前の偶然の一致と思いきや一応この山崎渉を騙ってのものだった。今何してるんだろうと思ったら、らき☆すた描いてて絵柄も変わって、しかも自分の好みで何とも複雑な気分になった。幸宮チノさんがtwitterやってる事を知ったときは、ネットの良さと感慨深さを感じた。

ニケもククリも好きだった。個人としても好きだし、やっぱり2人でってのが好きだった。頭がアヒルのあいつとのルンルンも好きだったし、どうやらこの時から関係性が好きだったぽい。

ともかくジュジュは良い。

(少女少年)

少女少年 3 (てんとう虫コミックススペシャル)

少女少年 3 (てんとう虫コミックススペシャル)

特に誰が好きだったかと言う事は覚えていない。主人公、主人公の幼なじみ、グループの女の子っぽい方のどれかだったはず。しかし、好きだったことは確か。毎月連載を楽しみにしていた。

小学生の時に一番好きだった漫画家はやぶうち優だった。ポインヨ祭りの時にないしょのつぼみ買おうと思ったら売り切れだったので、普通に買った。やっぱりやぶうち優は良い。水色時代はあまり覚えてない。樋口智恵子は好き。

やぶうち優少女少年-MAKOTO-を見たって記事を見たときは、勝手に因縁を感じていた。

小学校低学年まで女だと思われることがかなり多くて、その辺主人公に対してシンパシーを感じてもいた。高学年頃からはさすがに間違われることはなくなったが、未だに性別間違えネタは嫌悪感が強い。言ってる側は気軽なんだろうが、言われていたときは自分を否定された気分だった。仕事の飲み会で好きな人は―と聞かれて菊地真と答えたときに、ああ男の娘の―って言われたときは切れるかと思った。はぁ?で済ませた。

アイマスDSで涼が男と聞いたときは少女少年を思い出さずにはいられなかった。

今思うと相当影響を受けたシリーズっぽい。自分の青髪属性の原点はここだろう。他の色々な原点でもある。考えれば考えるほど影響を受けているんじゃないかと思う。

霧崎マイ (超速スピナー)

f:id:kirte:20140830033920j:plain
こういう性格が好きだったんだと思う。

イメージ検索で出てくる画像のセリフ見る見るだけでも、ああ好きだったんだろうなって納得出来る。生年月日見たら年上かよ。

にしても、ミニ四駆といいビーダマンといいコロコロのオモチャ系マンガはイカれてる。

超速スピナーは読み直したい。

春日歩 (あずまんが大王)

大阪は初めて好きになったキャラな気がする。初めてキャラソン買った。

そもそもあずまんが大王自体が、深夜アニメ見るようになった切っ掛けで、初めて買ったDVDかつCD(空耳ケーキ+大阪のキャラソン)で、マンガを見つけるまで探して買うなど、相当な切っ掛けになっている。

大阪は、自分の好みに合ったから好きになったと言うより、自分の好みを作った。

智のネーミングセンスに呆れるのが好き。

ちよちゃんと仲いいのが好き。

にゃものエロエロな話に聞き入るのが好き。

台風ではしゃいでるのが好き。あの登校に凄く憧れた。そして未だに。

受験前の割り箸占いで、智が勝手に割って怒る大阪が凄く好き。何回見たか聞いたか脳内再生したか。

f:id:kirte:20140830060607j:plain
あのちよちゃんの割り箸の割り方は未だに欠かさずやってる。もう10年以上になるか。

炭酸ダメでオレンジジュース飲んでるのがかわいい。自分がオレンジジュース好んで飲んでるのは、伊織じゃなくて大阪の影響だろう。オレンジ好きって描写もないのに、少なくとも当時は確実に影響を受けていた。

修学旅行で沖縄に行って二千円札を見たかった。高校の時の修学旅行は北海道or沖縄でアンケートがあったが叶わなかった。さんぴん茶は響だが、さーたーあんだぎーは大阪。

大阪もそうだが、あずまんが大王自体にそうとう影響されている。みんなを初見では中学生だと思ったら高校生だった。年上だと思うと、当然こんな高校生活を憧れた。高校受験の時はサントラをよく聴いていた。受験もサントラを聴いてから受けようと思っていた。

声優にも興味を持ち始めた。まぁ始まりは、シャーマンキングで林原や高山みなみを知って、さらに天使な小生意気あたりでこれ声同じじゃねと思い始めたのもありそうだが。

智も好きで、樋口智恵子も好きだった。カニパンのOP曲歌ってたと知った辺りから曲にはまった。LOVE LOVE Phantasyとかkiss kiss kissは今でもいいと思うし、ふと聴きたくなる。同じWhoops!!なのに坂本真綾ばかりが有名になっててもにょる。まぁ本人は気にしてないだろうけど。ぱにぽにだっしゅに出たときは懐かしかった。あまえないでよは少しだけ見た。

当然大阪の声優の松岡由貴にも興味は及んだ。それでぴったんこ☆をさんざん聴いてた。どれみの妹尾あいこって事は後で知った。どれみだと宍戸留美が好きだ。今、妹尾って聞くと咲の方を思い浮かべる。あずまんが大王以降もエヴァンジェンや鶴谷さんのような印象的なキャラもやってるけど、何より咲 阿知賀編の三尋木プロだ。三尋木プロいいなと思って声優調べたら松岡由貴で、ああこれは好きな声優なんだなと確信した。三尋木プロの飄々としてわっかんねーなんて言う不真面目に見える態度と裏腹に、実際には下調べをしっかりとして能力を想定までしているようで本当に良い。異能をほぼ見抜きつつもわっかんねーと断定はしないあたり、これがプロなのかなと思う。いや、知らんけど。
f:id:kirte:20141005065406j:plain

ミニス、トリス、ユエル(サモンナイト2)

Vジャンプの連載か何かで目にとまって買った。はまった。

ユエルは住民と仲良くしていたところ、それがある切っ掛けで完全におびえられる存在になったところが印象深い。ベム最終回見たときの憤りと近いものを感じた。

トリスはPCとして凄く好きだった。今ググったら18才って出た。マジか。やっぱりネスティとの掛け合いが好きだった。そこから緑川も好きになった。

ミニスかわいい。

丸山シルヴィア (陸まお)

陸上防衛隊まおちゃん MISSION.3 [DVD]
陸まおはどうやらドマイナーマンガらしい。赤松原作でアニメ化してるのに誰も知らないことに納得出来ない。陸まおの話が通じるのが今まで一人しかいない。どういうことだよ。そういえば朝霧の放送も一緒か。

関西弁、どことなくへらっとした態度、しかしやるときはちゃんとやる。本当にいいキャラで可愛い。杏を初めて見たときにイメージしたのがシルヴィアだった。杏は無気力無気力言われるが、決めるときは決められて本当にかっこいい。正月前後のマンガのきらりとのかけあいは良かった。だからこそのあの能力だと思っている。実際の所は知らんけど。

堀江由衣を意識し始めたのは陸まおあたりからだろう。シルヴィアの声優だって事もある。そしてOPもEDも好きで特にEDが好きだった。カラオケで歌っても、堀江由衣とは認識されても、陸まおとは認識されずに辛い。

幕僚長って言葉は陸まおで知った。この前総火演に行って、解説に幕僚長って言葉が出たときにイメージしたのは当然陸まお総火演には自分ともう一人で行ったが、そいつに幕僚長は陸まお思い出すと言おうとしたら先に言われた。だよな!

棗クラン (カオシックルーン)

うん

クラン兄のろくでも無さも好き

中原小麦 (ナースウィッチ小麦ちゃん / 魂狩)

f:id:kirte:20141005073333g:plain
少女少年あずまんが大王に次ぐ影響。もともとモモーイの曲を聴いていたが、ここで完全にはまった。渡辺明夫を知る切っ掛けでもあるか。

小麦ちゃんを知るきっかけは2chネタを使ったところか。そこから触れ始め魂狩も見た。目が痛くなると言われてる魂狩は楽しく見たしラノベも読んだ。のちのち魂狩の監督が新房と知る。化物語が新房+渡辺明夫だと聞いたときは魂狩を思い浮かべた。

バニーガール嫌いなくせにうさ耳好きなのは間違いなく小麦ちゃんの影響。チョーカーやら絆創膏やら謎の緑のリングやらが好きなのも小麦ちゃん渡辺明夫の影響。

HNをkirからkirteにしたのも、小麦ちゃんの話数で使ってるKARTEをもじってのことだし、このHNを使っている限り意識し続ける。

karte1,2もいいが2.5が好きだ。あなたがだいきらいは繰り返し見た。着メロにしたかったけど音感がないので友人に託した。当時使っていた携帯のP505iSでも見たかったので色々調べてエンコードした。あずまんが大王エンコードして当時のガラケーで見れるようになった。この当時の情熱が欲しい。

karte3以降はともかく、曲は今でもよく聴く。decideは本スレの影響でもあるがアンセブ解散前後だったので色々思うことがあった。スキトキメキトキスや絶対!!Part2、陽春のパッセージなど自分の知らないアニソンを知る事も出来た。

実家に小麦ちゃんラノベがあって懐かしい。魂狩もあったし、モモーイ繋がりの天罰→ASでウサみみっしょんもあった。

通学で電車に乗ってるときに読んでたな。通学で電車乗ってたので当時が一番ラノベ読んでた気がする。キノも一通り読んだ。1話完結はいいものだ。ラノベ以外に読んだのはD-ブリッジテープとかその辺だったはず。ASも気に入ってサントラをよく聴いていた。飯塚雅弓良い。そう思ってラプラスにのってをamazonで買おうと思ったら売り切れた。在庫合ったので注文したというのに、まじkonozama。kiss kiss kissもkonozama。ラスティの曲良いからもっと聴かれても良いと思う。

「AS DVD 生まれたばかりのLove Song」オリジナルサウンドトラック

「AS DVD 生まれたばかりのLove Song」オリジナルサウンドトラック

Two Destinyとか聖地とか祈りの歌とか、今ぱっと聴いただけでも思い入れがあるにしても良い曲だと思うし、もっと聴かれても良いと思う。しかし、この当時のCDのリッピングが適当すぎて管理が出来ない。CD持ってきてリッピングし直さないと。

小麦ちゃんはまずモモーイ、そしてモモーイ天罰からのASということで、普通に考えたら小麦ちゃんとラスティの関連性は低いが、自分の中では近しい。

小麦ちゃんと言えばkarte2.5での特典フィギュア。円盤特典フィギュアの走りとも聞く。今も飾っているが、小さくはあるものの、他と比べても全く見劣りしない。出来の良さ故に、フィギュアに魅せられた。最近になってまたフィギュアが出て感慨深かった。終わらせたくないコンテンツの一つだ。MADでも作ろう。知らない人には知らせよう、忘れていた人には思い出させよう。自分の生きている間に終わらせてたまるか。

おわり

いろいろあったけど、少女少年あずまんが大王小麦ちゃんの影響がすごい。