読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mkmkmkmkmk

うぇるかむねこまねき

ナースウィッチ小麦ちゃんR 7話の感想

小麦ちゃんとツカサ仲良くなってる。ツカサが素を出せる唯一の同世代か。しかも素のツカサを本人以上に認めてるし、今まで誰にも見せてなかったぶん嬉しいだろう。

なんだこのプリバラっぽいの・・・。どすこい。

ここなが迷走MIND。へそ、めんたいこ、ひげ、した。統一感がまるでなく本当に迷走。さすがのファンも困惑。同級生の赤は自分を大事にしろと忠告。真面目だ。一方、弟はレアなここなだと喜んでる。お前それでいいのか?

へそキャラ勧めたの絶対たぬPだろ‥汚いなさすがたぬPきたない。舌はさすがに怒られたが当たり前すぎる。ひげキャラはすみすみ思い出す。舌キャラはスクールアーキテクトにいたな。

同級生の想像力が止まらない。ツカサ、ここな、小麦ちゃんの三角関係になってる。イイネ

ツカサのアドバイスと、小麦ちゃんに良いところをすらすらと言われ自分らしさを取り戻すここな。「良いところあるよ」の後に、実際に良いところをスラスラ言えるのは凄いと思う。なにぶんこのパターンは聞かれると口ごもる事が多いだけに。周りに恵まれてるな。

それではCMです。実際にCMになった。

小麦ちゃんは割とTVに出るようになってはいるが名前は出ない。多分視聴者には死体役のアイドルとかキグルミの中の人とかで覚えられてる。

なんだかんだでフルマラソンに参加するここな。自由にしろと社長。見守るタイプの良い放任。だけどさすがにあの迷走は少し止めてやれよと思う。あれは正気に戻ってからそうとう恥ずかしい。まぁその辺も含めて元アイドルの社長の経験からの放任か。

練習期間分からないけど初めてでフルマラソンって行けるもんなんだろうか。たぬP「レッツスタート」。レッツビギンでございまさない。

飛び出し坊や看板がスピード感ありすぎる。あのポーズは飛び出しと言うより一気に突き抜けようという意気込みを感じる。

飛び出し坊や看板に札。怪人化。怪人のCVが野沢雅子。さすがに笑う。声優の選定が分からない。

怪人が現れ一言だけ発するねこP。騒ぎ立てるうさP。走ってるここなのために黙ってるたぬP。こいつに人の心を思う気持ちがあったのか。まさか一言も言わないとは思わなかった。やるじゃん。

ここなが頑張る姿を見て頑張るテンプレ受験生。ジジイが立った!同じように感動した人々が応援に駆けつける。と言うより追いかける。受験生は走ってないで勉強しろ。じいさんは車いすだったとは思えない良いフォームで走るな。ロボはどこからきた。併走するマッハGoGoGoの車。今回のタツノコ要素。

知らないうちにここなの両親がいた。いつ来た。ここながマラソンやるってニュース見てたし、駆けつけたか。

嫌な奴のいないアニメだ。

ここなはしっかりゴール。アイドルとして輝きだした。

近頃主人公の影が薄い。だけど、ツカサもここなも小麦ちゃんに救われてる感じはする。


最近は普通にアイドルものとして楽しんでる。だいたい1話完結だし、軽いノリだし、その割には成長もしっかりしてるし、気軽に見れて良い。